読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥村隆『社会学の歴史? 社会という謎の系譜』有斐閣アルマ

社会学の歴史I--社会という謎の系譜 (有斐閣アルマ)奥村 隆 有斐閣 2014-12-13売り上げランキング : 16117Amazonで詳しく見る by G-Tools どうもありがとうございました。

米村千代『「家」を読む』弘文堂

「家」を読む米村 千代 弘文堂 2014-11-21売り上げランキング : 185779Amazonで詳しく見る by G-Tools どうもありがとうございました。

数年前に『現代思想』別冊の上野千鶴子特集号に書いたエッセイの草稿をサルベージしておく。雑誌に載ったバージョンと大筋は変わらないが、原稿用紙6、7枚分長い。 「わたし」への持続する意志について 加藤秀一 1 一九八三年に大学に入った人間が、フェ…

[ジェンダー]土田『公立高等女学校にみるジェンダー秩序と階層構造』、東賢ほか『リスクの人類学』、三部『カムアウトする親子』

この場を借りて御礼を申し上げます。 皆様、お若いのに、立派な御本をお書きになりますな。(三部さんの本だけ、まだアマゾンに書影がないのが残念。)公立高等女学校にみるジェンダー秩序と階層構造: 学校・生徒・メディアのダイナミズム (MINERVA社会学叢…

陳怡禎『台湾ジャニーズファン研究』 (青弓社ライブラリー)

台湾ジャニーズファン研究 (青弓社ライブラリー)陳 怡禎 青弓社 2014-02-22売り上げランキング : 5018Amazonで詳しく見る by G-Tools 「台湾におけるジャニーズファンを事例に、ファンがアイドルを介して女性同士の友情や親密圏をどう構築するか」をフィール…

奥村隆『反コミュニケーション』

反コミュニケーション (現代社会学ライブラリー 11)奥村 隆 弘文堂 2013-12-09売り上げランキング : 13406Amazonで詳しく見る by G-Tools

石原俊『〈群島〉の歴史社会学――小笠原諸島・硫黄島、日本・アメリカ、そして太平洋世界』

〈群島〉の歴史社会学―小笠原諸島・硫黄島、日本・アメリカ、そして太平洋世界 (現代社会学ライブラリー 12)石原 俊 弘文堂 2013-12-09売り上げランキング : 294718Amazonで詳しく見る by G-Tools

『質的心理学ハンドブック』

質的心理学ハンドブックやまだ ようこ 新曜社 2013-09-05売り上げランキング : 70983Amazonで詳しく見る by G-Tools 執筆者の一人、エスノメソドロジストの樫田美雄さんからいただきました。ハンドブックと銘打たれているが、中項目辞典の体裁。大きく分厚い…

合場敬子『女子プロレスラーの身体とジェンダー:規範的「女らしさ」を超えて』

女子プロレスラーの身体とジェンダー -規範的「女らしさ」を超えて-合場 敬子 明石書店 2013-04-02売り上げランキング : 373121Amazonで詳しく見る by G-Tools 今年の春に刊行された、著者初の単著。手に取ったのは最近どころか夏休み前だったのだが、明治学…

浅野智彦『「若者」とは誰か:アイデンティティの30年』

「若者」とは誰か: アイデンティティの30年 (河出ブックス 61)浅野 智彦 河出書房新社 2013-08-13売り上げランキング : 13495Amazonで詳しく見る by G-Tools 卒論や修論(!)を書いている学生がしばしば「アイデンティティ」という言葉を使うのだが、「それ…

鈴木晃仁(編)深津武馬、市野川容孝(著)『【対話】共生 (極東証券学術講座 生命の教養学VIII』

【対話】共生:生命の教養学VIII (慶應義塾大学教養研究センター極東証券寄附講座―生命の教養学)慶應義塾大学教養研究センター 鈴木 晃仁 深津 武馬 市野川 容孝 慶應義塾大学出版会 2013-08-11売り上げランキング : 1086903Amazonで詳しく見る by G-Tools 慶…

西阪・早野・須永・黒嶋・岩田『共感の技法:福島県における足湯ボランティアの会話分析』

共感の技法: 福島県における足湯ボランティアの会話分析西阪 仰 早野 薫 須永 将史 黒嶋 智美 岩田 夏穂 勁草書房 2013-07-31売り上げランキング : 57674Amazonで詳しく見る by G-Tools 副題に明示された通りの内容。調査(と、あえて表現しておきたい)は現…

マイケル・リンチ『エスノメソドロジーと科学実践の社会学』

エスノメソドロジーと科学実践の社会学マイケル リンチ 水川 喜文 勁草書房 2012-10-01売り上げランキング : 23042Amazonで詳しく見る by G-Tools たぶん訳者の方々から。ありがとうございます。

『「個人的なもの」と想像力』

「個人的なもの」と想像力吉澤夏子 勁草書房 2012-03-23売り上げランキング : 583920Amazonで詳しく見る by G-Tools ちょっとまえに、著者からいただきました。ありがとうございました。 ……って、この本、今年の3月に刊行されてたのか!? せいぜい一ヶ月前…

ふと思い出したこと

学生諸君向けに、言わずもがなの思い出話。最近、(僕よりはずっと)若い人たちのツイッター上のやりとりをたまたま読んで、改めて思い起こしたこと。 大学院生の頃、今は亡き吉田民人さんのゼミで、カントの物自体というアイデアに肯定的に言及した報告者に…

「遺伝子決定論、あるいは〈運命愛〉の両義性について」

拙稿「遺伝子決定論、あるいは〈運命愛〉の両義性について」(柘植あづみ・加藤秀一編『遺伝子技術の社会学』文化書房博文社、2007年)をアップロードしておく。数年前に、明治学院大学社会学部付属研究所の共同研究プロジェクトをふまえて書いたものの元原…

『社会学のまなざし』

社会学のまなざし (シリーズ「知のまなざし」)ましこ ひでのり 三元社 2012-03売り上げランキング : 486110Amazonで詳しく見る by G-Tools ありがとうございます。社会言語学者による社会学入門。非常に幅広い話題を次々に繰り出しながらぐいぐい進むので、…

『社会学になにができるか』拾遺

社会学になにができるか浅野 智彦 加藤 秀一 葛山 泰央 西阪 仰 市野川 容孝 山田 信行 奥村 隆 八千代出版 1997-04売り上げランキング : 202097Amazonで詳しく見る by G-Tools つい最近気づいたのだが、僕も寄稿した『社会学になにができるか』という本につ…

社会学研究互助会(第3期)第二回オフライン研究会:小宮友根『実践の中のジェンダー』合評会

昨年8月にやった第一回研究会(id:contractio:20110828)に続き、二回目の今回は合評会です。 要事前申込み。*著作紹介ページ:小宮友根『実践の中のジェンダー』(2011、新曜社) 社会学研究互助会(第3期)第二回オフライン研究会 小宮友根『実践の中の…

飯田隆『言語哲学大全? 意味と様相(下)』

言語哲学大全 3 意味と様相 (下)飯田 隆 勁草書房 1995-12売り上げランキング : 304627Amazonで詳しく見る by G-Tools 久しぶりに読み返して、説明の巧さに嘆息。他人の書いたものを読んで、また別の他人に説明するという能力が自分に欠如していること(いや…