読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺の家・追記

 そうそう、以前にこの日記で推奨した映画『海辺の家』のこと。確かにいい映画でホロリとさせられるんだけど、一つだけ大きな瑕疵はあからさまなホモフォビアが仕込まれているってこと。ちゃんとストーリー展開のなかでは効いてくる設定ではあるのだが、登場人物のほぼすべてが「ほんとは良い人」として描かれるなかで、ただ一人だけ「良い人じゃない」(悪人とまでは言えないが)のがホモセクシュアルの男性である、というのは、やっぱり引っかかる。以上、思い出したので、注記しておきます。