読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊東四朗の夢

 僕が夜見る夢はほとんどが怖い夢で、真っ暗なアパートの部屋で死体と一緒に寝起きしているといったものばかりだった。あるいは誰かに追いかけられて、デパートの地下食品売り場を延々逃げ続けるとか。学生時代に一時期「夢日記」をつけたこともあるが、そんな陰鬱な夢ばかりなので、いつしかやめてしまった。楽しい夢とかエロい夢とか、そういうのが見たいのに、なかなか見ない。後者に至っては、数えようにもよるけど、いままでに2回しか見たことがない(そのうちの1回はなぜかLAで見た)。

 知人や有名人が出てくることも少なかったのだが、なんとなく最近増えてきた気がする。もうずっと前に、「のりピー」と手をつないで歩いているという、珍しく明るい夢を見たことがあったが、別に彼女のファンではないので、不思議な気がした。昨日はなぜか菅野美穂とつきあっている夢を見た。彼女のことは好きだけど、やはり特別にファンというわけではない。なんでだろう。なぜか広末とか綾瀬はるかとかの夢は見ないのだ。

 最近見て心に残っている夢には、なぜか伊東四朗が登場していた。どこかのビルの中の小さな文具売り場で、伊東四朗が働いている。そこにたまたま通りかかった僕は、あんなに売れていた人がこんな地味な境遇になっても、全然様子が変わらずに元気に仕事をしているのを見て、とても感心したのだった。