読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公開シンポジウム:「改定臓器移植法」施行を問う

公開シンポジウム:「改定臓器移植法」施行を問う   主催:生命倫理会議

 7月17日、「改定臓器移植法」が施 行されます。私たち生命倫 理会議は、生命倫理の教育・研究に携わる大学教員からなる組織で、国会におけるこの法改定をめぐ る意見聴取・審議が行われていた昨年初夏、批判的な立場から3回の声明文発表と記者会見を行いました。また、本年5月、『いのちの選択――今、考えた い脳死・臓器移植』(岩波ブックレット)を出版し、さらに法改定と脳死・臓器移植その ものの問題性を世に問うてきました。
 しかし、いよいよ施行の時です。そこで、下記のような催事をもち、あらためて多くの皆さんと広く深く考えたいと思います。ご参加を心待ちにいたしております。

 日時:7月11日(日)13時半開場、14時〜17時
 場所:専修大学神田校舎7号館731教室
     http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/campus_info/kanda_campus/index.html

     第一部:講演「法施行をめぐる現在」
       川見 公子(臓器移植法を問い直す市民ネットワーク)
       永瀬 哲也(バクバクの会・脳死に近い状態と診断された子と?もの父親 )
     第二部:シンポジウム「「いのち」はどこへ向かっているのか――改定臓器移植法と日本社会――」
      シンポジスト
       高草木 光一(生命倫理会議・慶応義塾大学)
       堀 一人(大阪府立槻の木高校社会科)
       光石 忠敬(弁護士)
       山口 洋 (医師・順天堂大学〔循環器内科〕)
      司会
       田中 智彦(生命倫理会議・東京医科歯科大学
     総合司会
       慎 蒼健(生命倫理会議・東京理科大学