『ここがウィネトカなら、きみはジュディ[時間SF傑作選]』

ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)
テッド・チャン クリストファー・プリースト リチャード・A・ルポフ ソムトウ・スチャリトクル F・M・バズビイ イアン・ワトスン ロベルト・クアリア ボブ・ショウ ジョージ・アレック・エフィンジャー ロバート・シルヴァーバーグ シオドア・スタージョン デイヴィッド・I・マッスン H・ビーム・パイパー 大森望

早川書房 2010-09-22
売り上げランキング : 5499

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 同シリーズの宇宙ものアンソロジーは僕にはイマイチだったが、こちらの大森望編になる時間SFアンソロジーはかなり濃密な出来。そもそも収録されている作家陣に、古くはスタージョンやシルヴァーバーグから、プリーストやワトソン、近くはテッド・チャンといった超一流どころが多く、そのうえこの分野では定番の名作、ボブ・ショウ「去りにし日々の光」まで収録されているのだから、それも当然か。
 巻頭を飾るチャン「商人と錬金術師の門」はストレートなタイムトラベルもので、バグダッドを舞台に語られるアラビアン・ナイト仕立ての綺譚という装いが新しいだけと言えなくもないが、そこはさすがテッド・チャン、時間の閉じた円環というSF固有の装置を自在に駆使して人生の深淵めいたものを浮かび上がらせて洗練された手腕はただ事ではない。大昔からあるのではないかと疑いたくなるような、すなわち神話的な完成度に達した、素晴らしい作品だ。
 ほかの作品もなかなかのもので、時間SFが好きな人には安心してお勧めできる。ただし、収録作のうち、バズビイの表題作(ランダムに時間移動してしまう男女の無理筋な恋を描く名篇)と、スチャリトクル「しばし天の祝福より遠ざかり……」(異星人の勝手な都合で700万年分のタイム・ループを強いられる人々の悲喜劇)は、1987年に伊藤典夫浅倉久志編で出たアンソロジー『タイム・トラベラー』からの再録で(前者は新訳だが)、それくらいなら、まずは絶版になって久しい『タイム・トラベラー』を再刊してくれてもよかったのに、とも思う(そこらへんの事情は、大森氏の解説でも触れられてはいるが)。なにしろあちらには、あらゆる時代と場所を覗き見できる装置というドラエもん的発明が人間と社会を一気に変容させる様子を文庫本20ページで余すところなく描ききるデーモン・ナイト「アイ・シー・ユー」だの、客観時間と主観時間がなぜか逆行してゆく男の苦悩をリアリティたっぷりに描くフィリップ・ホセ・ファーマー「わが内なる廃墟の断章」だのという超弩級の傑作がいくつも入っていたのだから。
タイム・トラベラー―時間SFコレクション (新潮文庫)タイム・トラベラー―時間SFコレクション (新潮文庫)
P.J. ファーマー 伊藤 典夫

新潮社 1987-01
売り上げランキング : 405503

Amazonで詳しく見る
by G-Tools