読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストラングラーズ『レイヴン』

 こんなん引っ張り出して聴きながら、じっくりレポートの添削してます。ストラングラーズ、1979年。写真だとわからないけど、ジャケットが巨大な「立体写真」で、なんか得した気分になる。
 しかし、パンクということになっていた音って、今聴くと全然似てなくて、ミュージシャンたちはそれぞれに独自の模索をしていたことがよくわかる。ストラングラーズも、セックスピストルズともクラッシュとも全然違う。このアルバムはかなりテクノポップっぽくて、メロディーもキャッチーながら捻りがあって、ところどころXTC(をもっと暗くした)みたいに聞こえる。