読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦争と革命と障害者

川端利彦「戦争の役にたつ」「革命の役にたつ」ってどういうこと?
http://www.hi-ho.ne.jp/soyokaze/kawabata.htm

精神障害者は革命の役にたたない。それより外科、内科などの技術を身につけて山村工作に加わるべきだ。」……そういう考え方が何かクールな、真面目なもののように(ある種の人びとに)観じられた時代があったということ。いや、もちろん「時代」なんかのせいではない。